ありがとう!普門館

やあ、なみすけなみすけですびっくり!
立正佼成会の大ホールに来たよ~

あれっ、楽器持ってるひとが何人もいるよ!?
客席に誰もいないのに、うれしそうに演奏してるし...
ぼくも口笛で参加しようびっくり!

壁には、みんなの「ありがとう!」がいっぱい書いてある鉛筆
みんな、ここが大好きなんだねハート

てくてく、てくてく...なみすけ

同じ和田にあるバードバスさんでランチにするよ。
「これ、お願いします!」
ん~、このドライカレー、おいしいなハート

ぼくも「普門館」や「バードバス」みたいに、みんなが会いに来てくれるような「なみすけ」を目指しますピカピカ

サポート:てくポカポカてく隊 さとべえ


なみすけ、貴重な体験ができたようでなによりだ。

なみすけが生まれるずっと前、1970年に建設された「普門館(ふもんかん)」は、立正佼成会の施設のひとつだ。
耐震上の問題で大ホールの⼊場が制限されていたが、12月からの解体工事を前に舞台を開放するイベント「普門館からありがとう~吹奏楽の響きたちへ~」が11月5日から11日まで行われた。全日本吹奏楽コンクールの会場として長く使われ、「吹奏楽の聖地」と呼ばれていた場所に、楽器を手にした人々が訪れ別れを惜しんでいた。

普門館から歩いて10分ほどにあるcafe Birdbathは、産地直送の野菜や、干して乾物にしてから調理する野菜など、濃い味わいのある食材が魅力。月に一度「子ども食堂」も運営している。
今度行く時はわたしもご一緒させてもらおうかな。

コメント一覧

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント