阿佐ヶ谷アートストリート2014に行ったよ

ハローポカポカなみすけでーすなみすけ
春の風に誘われて、阿佐ヶ谷アートストリート2014に行ったよ~花

最初の会場は世尊院幼稚園のお庭。
「すぎなみ100友」の仲間たちがボランティアで
アート会場のインスタレーション制作 を手伝ってたよあがるぅ

セシオン杉並では江原朋子ダンスカンパニー
キラキラ天使ピカピカのようなダンスにうっとり夢ごこち~ハート なみすけ

北川フラムさんの越後妻有の「大地の芸術祭の里」から
「まちづくり」のお話に感激~花

谷川俊太郎さん+谷川賢作さんの親子ステージ
「詩と朗読と音楽」ちょうちょ
「鉄腕アトム」を歌って、優しい気持ちで胸がいっぱいハート

たくさんの現代アート作家と出会って
元気や勇気 をもらっちゃったピカピカピカピカ
なみすけ来年も楽しみだな~ハート

サポート:てポカポカてく隊 西荻ノリコ

今年新たに生まれたイベント「阿佐ヶ谷アートストリート」。阿佐ヶ谷在住の彫刻家・山本衛士氏の呼びかけで、3月16日から24日まで開催された。阿佐ヶ谷に馴染みのある谷川俊太郎氏+賢作氏の親子を軸に、斬新なコンテンポラリーアート作品を集め、現代アートの楽しさを知ってほしいという願いから誕生させたのだそうだ。
北川フラム氏は、日本で一番雪が深く高齢者が多い、限界集落であった越後妻有でアート展覧会を仕掛けた人物。大成功の裏には、地域の説得に18年をかけた努力があったとのこと。この特別な思いに村の人々が地域おこしを意識し、協力していったそうだ。「阿佐ヶ谷アートストリート」も、年を重ねるごとにますます充実したイベントへと発展していくといいな。

コメント一覧

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント