なみすけ、高円寺演芸まつりへ行く

やーみんななみすけなみすけだよハート
第2回高円寺演芸まつり大前夜祭パーティが座・高円寺のカフェレストラン「アンリファーブル」で行われたので行ってみたよビューン

2月10日から19日までの間、落語や漫談、俗曲やジャグリングなどが見られるんだってなみすけ
黒くて太~い特別な文字がずらっと並んでいて、び~っくりびっくり!
ボランティアのお姉さんが書いた「寄席文字」というものなんだってあがるぅ

座高円寺寄席やワンコイン寄席など全部で49公演びっくり!

出演者全員の名前を書くのはすご~く大変そう~ビューン
でもたくさんの人たちが演芸を楽しみにやってくるんだってちょうちょ
それを思うと全然大変じゃないなんて、さすがだななみすけ

パーティ会場にはワインやビールがたくさんあったけど僕にはお酒は無理なみすけビューンなので、ごちそうを見つけてきちゃった。もぐもぐ...ピカピカ


お着物を着た柳家紫文さんと昔昔亭笑海さんという面白いおじさんが、たくさんの人たちとお話したり、ご挨拶していたよポカポカ
一番びっくりしたのはタラリ翁家和助さんというおじさんが、傘の上でお茶碗を回したり、棒を口にくわえていろいろなものをぐるぐる回していたこと。僕、息が止まるかと思ったよびっくり!

東京ガールズのお姉さんたちは日本の楽器を持って楽しそうに歌ったりお話していたよ花
きれいな音だったなぁハート僕にはちょっと難しかったけどねタラリ

会場にいる人が僕を見つけて写真撮ってくれたんだ。
えへへ、人気者だねなみすけ


ポカポカひろまま☆ポカポカ


みんな演芸祭りの成功を楽しみにしているようだったな。日本の楽器といえば三味線だな。弦をはじいて歌の伴奏などをすることが多いようだぞ。
なみすけの見た黒くて太い文字「寄席文字」は隈筆という筆を使って、余白をなるべく少なく書くのが特徴らしい。空席に隙間が無いようにという願いが込められてかかれているそうじゃ。
わしも一度漫才にいってみたいものだな。

コメント一覧

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント