『杉並シナリオワークショップ』に参加したよ!

なみすけなみすけだよ。
『杉並シナリオワークショップ』に参加したよ。

講師はシナリオライターの西沢七瀬先生。
あの花「ちびまる子ちゃん」花の脚本などを手掛けた先生だっていうから緊張しちゃったけど、「てくてく×なみすけ」の大ファンでいつも見てくれているんだって。すごく優しい先生だったよポカポカ
なみすけメンバーは、最初はチンプンカンプン。シナリオはぜんぜん書いたことなかったんだってびっくり!
講座ではシナリオを作り、お互いにアドバイスをしあって出来たものを、先生にみてもらうんだけど、みんな自分の番はドキドキハート
でも、意見を言い合うことで、作品がどんどん良くなってくるのはとっても楽しいんだってなみすけ
講座は月1回、なんとびっくり!びっくり!メンバーのNさん手作りのおやつピカピカとお茶付き。ぼくも美味しい抹茶のケーキをごちそうになったよあがるぅあがるぅ

このワークショップでは、2011年2月に朗読劇の発表会も予定してるんだって。
楽しみだね。見に行くから、また呼んでねなみすけビューン
ところで、先生、ボクもまるちゃんに会いたいな~ちょうちょ

今日の体験も楽しかったようじゃな。
『すぎなみ学倶楽部』主催の「はじめてのシナリオ教室」講座が開かれたのは2010年1月。講師の西沢先生が「生まれ育った地域のお手伝いをしたい」と杉並区に申し出てくれたことから実現したのじゃ。シナリオ教室では2010年3月に発表会として『座・高円寺』で俳優の萩原流行さん、真船道朗さん、丸山ひでみさん、みのすけさん、の豪華メンバーが、皆の作ったシナリオを朗読劇にしてくれたのじゃ。素晴らしいな。このワークショップは、講座終了後にその時の参加者が自主的に作ったグループ。先生はいつも「シナリオを書くことで想像力と創造力が芽生える」「いつか、子どものシナリオ教室も開きたい」とおっしゃっておるぞ。
杉並と言えば、アニメや音楽も有名だが、昔から演劇も盛んな街。
ワタシもいつか舞台に立ちたいものじゃな。

コメント一覧

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント